スマートフォンサイトへ戻る
七草鍼灸治療院
お問い合わせ

診察時間

「女性専用」「予約優先制」
営業時間9:00~21:00
休診日
※土日祝も営業しております。
各種保険取り扱い、交通事故、
往診はご相談ください。

ブログ

マタニティ鍼灸ケア講座全4回修了しました

 

IMG_20191130_112808301

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鍼灸師のための
周産期ケア
基礎講座報告

11月24日(日)
第4回目、
最終回となりました。

午前の部
講師は辻内敬子先生
(女性鍼灸フォーラム代表)、
「妊婦治療の実際」として
逆子の鍼灸治療、
妊婦のマイナートラブル
妊婦の冷え
について講義していただきました。

午後の部
辻内先生による「実技の流れとツボ療法」では触診から心地よく治療を受けて
もらえる体位、経穴、施術法を講義していました。

全4回の受講者には修了書が授与されました。

七草鍼灸治療院は
妊娠前、妊娠中、出産後も
安心して通える
鍼灸ケアに取り組んでいます。

妊娠中の鍼灸ケアの
有害事象はない
影響はないと
現在エビデンスが出ています。

妊娠中の冷え、
腰痛、むくみ、
逆子、安産など

お悩みの改善に
鍼灸を取り入れていただければ
より快適な出産準備が
できると思います。

また産後の体調回復の
ためにも鍼灸は効果的です。

シヴァナンダヨーガ指導員養成コース 8回目

IMG_20191006_195916934

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/11/28木曜日

大久保ヨガ 正食 禅
シヴァナンダヨーガ指導員養成コース
8回目(全24回、4月末まで)

勉強したこと
・ラージャヨガ
・呼吸器系
・瞑想の障害
・瞑想のヨガ
・太陽礼拝指導テスト

前回のカルマヨーガに
ひき続き
今回はラージャヨーガ
についてです

ラージャヨーガとは
ヨガの道の成長を
段階的に8つに分けた、
科学的な取り組みです。

1、ヤマ
2、ニヤマ
3、アサナ
4、プラーナヤマ
5、プラーティヤハーラー
6、ダラーナ
7、ディアーナ
8、サマディ

なんのこっちゃ
ですがこの8つを順に取り組んで
いくのがラージャヨガです。

1、2、は日頃の行いです
3、ポーズの修練
4、呼吸法
5、感情、欲のコントロール
6、集中
7、瞑想
8、瞑想の最高に到達
ヨガのゴール
ポーズ、呼吸法、瞑想の
前にするべきことが
1、ヤマ禁戒
2、ニヤマ勧戒
です。

1、ヤマ禁戒

・アヒムサー
暴力をふるわない
・サッティヤ
嘘をつかない
・ブラフマチャーリヤ
禁欲
・アステーヤ
盗まない、断捨離
・アパーリグラーハ
欲張らない

これらの5つで
生命エネルギーを無駄にせずに
正しく使うことが大切です。
2、ニヤマ歓戒
・サウーチャ
清潔
・サントーシャ
満足、知足
・タパス
苦行、タパス
・スワディヤーヤ
聖典を学ぶ、読経
・イーシュワプラニダーナ
祈る、自分の行いを神に捧げる

学ぶ心を持ち続けることの
重要性を説いています。

このヤマ、ニヤマは
ヨガの基本理念です。

アサナの上達、
瞑想の集中力は
ヤマ、ニヤマが土台になります。

日々ヤマ・ニヤマを
実行します。

練習練習の毎日です。

シヴァナンダヨーガ指導員養成コース 7回目

IMG_20191006_195916934

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/11/21木曜日

大久保ヨガ 正食 禅
シヴァナンダヨーガ指導員養成コース
7回目(全24回、4月末まで)

勉強したこと
・ヨガの4つの道
・瞑想の経験
・ギータ第5章
行為の放棄のヨガ
・鋤のポーズ
ハラアサナ
・橋のポーズ
セツバンダアサナ

<ヨガの4つの道>
4つのヨガのうちの一つ
カルマヨガを
日常生活で意識して
実行してみようと思います。

カルマヨガとは
行動のヨガ
無私の奉仕のヨガです。

ヨガはポーズを行うものだと
思っていたら少しびっくりするヨガです。
ポーズをしないヨガ?
私もヨガを習いたてのときは
びっくりしました。

善きことをするのも
ヨガというのか~と

日常生活においての
考え方、
行動は
ヨガの道に入ればすべてが
修行となります。

カルマヨガは私たちの
生活の中で
どこででもできます。

家庭、学校、職場など
身の回りの生活圏内で
ポーズをしない
ヨガです。

家族に優しく接する、
おいしいご飯をつくる、
職場で掃除をする、
道端のごみを拾う、
混雑している駅中でも相手に譲る
など

このとき
カルマヨガで大事なのは
この行いに対して
報酬を期待しないこと
感謝の言葉や
見返りを望まないこと

良い結果
悪い結果
行為の結果に期待せず、
とらわれず
執着しないということが
重要になります。

「私はこの人の役に立っている」
と思わないようにします。
「この人は私が奉仕する機会を
与えてくれたのだから感謝しよう」
と考えます。
カルマヨガを根気強く
続けていくと
執着心を手放すことができるそうです。

執着があると、
それを失う恐怖心をもたらし
苦痛と利己心を生みます。
不安と心配事、
苦悩が生じます。

その執着から生まれる
苦悩はヨガの成長の妨げになります。

その執着を手放した先に
心は浄化され
精神が強くなり
謙虚さが生まれ
プライドが減ります。

純粋な心、
やさしさ、
忍耐力
慈悲の心が発達し
人生の展望が拡大します。

無執着のカルマヨガは
ポーズや瞑想を成長させます。

ヨガの修行者には基礎の修行となるようです。

参考文献、引用
瞑想をきわめる 産調出版

 

 

シヴァナンダヨーガ指導員養成コース 6回目

IMG_20191006_195916934

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/11/14木曜日

大久保ヨガ 正食 禅
シヴァナンダヨーガ指導員養成コース
6回目(全24回、4月末まで)

勉強したこと
・7つのブーミカ
知識の7つの段階
・十牛図
・心臓血管系
・マントラ
・ギータ第4章
知識のヨガ
・完全呼吸法
・片立ちのポーズ
サルバンガアサナ
前回に引き続いての
瞑想の回になります。

今回は「ジャパ瞑想」について

瞑想をやってみようかな
興味があるという方

忙しい心を落ち着けたい
心身を整えたいなど

いろいろ改善したい
ことがあると思います。

瞑想法は色々な
やり方があり
ジャパ瞑想はその中の一つです。

ジャパ瞑想とは
瞑想中にマントラを繰り返し
読誦すること。

マントラは自分で一つ
気にいったものを
自分で決めます。
インドの神様

・ガネーシャ神礼拝
オーム・シュリー・
マハーガナパタイェー・ナマハー

・シヴァ神礼拝
オーム・ナマー・シヴァーヤ

・ヴィシュヌ神礼拝
オーム・ナモー・ナーラーヤナーヤ

・クリシュナ神礼拝
オーム・ナモー・
バガヴァテー・ヴァースデヴァーヤ

など他にもあります。
日本の仏教真言

・釈迦如来
のうまくさんまんだ、
ぼだなん ばく

・薬師如来
おん、ころころ、
せんだりまとうぎ、そわか

・観世音菩薩
おん、あろきゃ、そわか

・空海
南無大師遍照金剛
真言密教(マントラ)
を伝えた高僧

など他にもあります。

キリスト教徒の方は
キリスト様の真言で行えます。
マントラを1つ決めたら
足を組んで静かに座り
口を閉じて
目は半眼、
または閉じて
ゆっくりと深い呼吸をしながら
眉間のアージナ・チャクラ
または
心臓あたりのアージナ・チャクラに
集中します。

マントラを唱えます
声に出して唱えてもよいです。

毎日数分でもよいので続けます。

心を一つに集中する
訓練です。

心も体と同じように
トレーニングすると
鍛えられ強くなります。

不要なことで
ウロウロとエネルギー
を使うのではなく、

人生の本当に大事なこと
成すべきことに向かって
まっすぐに進んでゆく
力を身につけるのが
瞑想です。

今回はジャパ瞑想を
勉強しましたので、
ご紹介しました。

その他にも
いろいろな瞑想法があります。

日本のお寺でも瞑想・禅が
身近にあります。

やってみたい
瞑想をとりいれて
みましょう。

先人がよいというもので、
今現在も受け継がれている
ものはきっとよいはずです。
私がしている瞑想は
眉間のアージナチャクラに
ひたすら集中するという
シンプルな瞑想です。

アーユルヴェーダの
シローダーラーを受けている
感覚を味わっています。

とても心地よい
瞑想タイムです。

今回は2回にわたり
瞑想を書きました。

ありがとうございました。

シヴァナンダヨーガ指導員養成コース 5回目

IMG_20191006_195916934

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/11/7木曜日

大久保ヨガ 正食 禅
シヴァナンダヨーガ指導員養成コース
5回目(全24回、4月末まで)

勉強したこと
・7つのブーミカ
知識の7つの段階
・ジャパ瞑想
・バガバットギータ第三章
行為のヨガ
・ドルフィンポーズ
・シルシアサナ
頭立ちのポーズ

・アサナクラス中級上級90分

指導法の実技は
シヴァナンダヨガの12のポーズの
一番初めがシルシアサナ
頭立ちのポーズです。

”アサナの王様”
といわれるほどで
”心身の病気の万能薬”
のアサナです。

アサナのやり方、効果など
詳細については
また後日ブログにしたいと思います。

今回は瞑想(ディヤーナ)
について勉強しました。

ヨガ修行者向けの勉強でしたので、

今回は日常生活でとりいれやすい
瞑想として書きます。

瞑想をとりいれて
毎日を充実させようという
趣旨です。

ヨガ修行の中心と
なるのは瞑想です。

ヨガ修行者は悟りの境地に
達する修行として行います。

アサナは瞑想の悟りに達する
為の体と心を養うためにも
行います。

古代のヨガ行者の
修行でおこなわれていた瞑想は、
年々注目度が増しているように感じます。

スポーツ選手
経営者
芸術関係など

各著名人が日々瞑想を取り入れている
という話はよく耳にします。

なぜ瞑想を習慣にすると
よいのでしょうか?

瞑想を習慣にすると
心が鍛えられるからです。

日常のよくある
不要な不安
心配事
人間関係の摩擦

お菓子、お酒、たばこなど
本当はやめたいけど
やめられない
○○したいけど欲望に負けてしまう

勉強をしないといけないのに
ダラダラ時間が過ぎていった

自己嫌悪の
ループの日々すごしていませんか?
それがまたストレス
となり心身に影響します。
瞑想中にほかのことが
浮かんできます。

今日の晩ご飯なににしようかな?
ランチが重かったから
軽めにしようかな
甘いものが食べたくなってきた
など

色々浮かんで
他のことを考えていると気づいたら

集中を戻します
また他のことを考えては

集中を戻し

他のことが浮かんできたら
感情をもたず
そのまま流し

集中を戻します

この繰り返しを自分の決めた時間
毎日行います。
2、3分からでもよいです。

電車にのっている時、
空き時間などに
瞑想にはいるのも効果的です。

瞑想の訓練は
自分にとって今大切なこと
今不要なこと

今自分が成すべき
大切なことに集中を戻す
心の訓練です。

これらを継続すると
今不要なことから
少しづつ離れ
大切なことに集中できる
心と体になれます。

心配事
自己中心的
イライラ

不要なネガティブは
必要がないことを
理解し手放すことができます。
背筋を伸ばして
胸を開き
肩の力を抜いて
目と口を柔らかく閉じて

集中

他のことが浮かんでいると
気づいたら
集中に戻します

この繰り返しです。
時間がくるまで
この繰り返しの訓練です。

心を忙しく常に思考していると
脳は疲弊してしまいます。
特に女性は
家事や家族のこと仕事とと
長年同時進行で忙しくこなしています。

○○しながら
○○する

これは思った以上に疲れるようです。

普段の行動でも
食べる
料理する
掃除する
運動する

一つ一つのことに集中する

一つが終わったら

次の一つに集中する

脳にとっても良いようです
で、
瞑想中
集中ってなにに集中するの?
心を空っぽにするということ?

という疑問がでてくると思います。

瞑想法は色々あります。
それは次回に書きます。

シヴァナンダヨーガ指導員養成コース 4回目

IMG_20191006_195916934

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2019/10/24木曜日

大久保ヨガ 正食 禅
シヴァナンダヨーガ指導員養成コース
4回目(全24回、3月末まで)

勉強したこと
・教師の3つのタイプ
・生徒の3つのタイプ
・ヨガの運動と肉体の運動の違い
・瞑想とはなにか?
・なぜ瞑想をするのか?
・バガバットギータ
2章サーンキャヨガ
自分自身の知識

バガバットギータってなに?
って知らない方も多いと思います。

ヴェーダ哲学で
インド独立の父ガンジーが
毎日手にして読んでいたという
有名なエピソードがあります。

バッガバットギータは
以前から勉強したいと思いつつ
本を買ったきり進んでいませんでした。

なぜかというと、
ヨガ哲学は師匠に教えてもらう
ことが大切だからです。

本を読んで解説やポイントも書いてあるけど、
独学で進めると、
自分の好きな解釈
自分なりの解釈に
なってしまい
間違って理解して
いくのが危険だからです。

この半年間は幸いに
バガバットギータの教えにふれる
機会に恵まれ、
さらにやる気に満ち溢れています。

写真のバガバットギータ本は
向田みお先生著書の初心者にもやさしい本です。
とてもわかりやすく
初めて勉強するには、
おすすめの一冊です。

ギータのカードもあります。
こちらも向田みお先生が出版された
ギータカード
楽しみながら、ギータが学べます

第2章バガバットギータの
勉強したことをまとめます。
バガバットギータ
2サーンキャヨガ自分自身の知識

<1>なぜ死について悲嘆するべきでないのか
<2>なぜ人生について悲嘆するべきでないのか
<3>なぜ喜びと苦しみの間でバランスが
とれていなくてはならないのか

 

<1>なぜ死について悲嘆するべきでないのか
(19)
自分自身の本質とは肉体でも、考えでもなく
それらを支え、存在させている真実である。
その真実をアートマン(真我、真実)(魂)という。
(20)
アートマンは生まれることもなければ、
死ぬこともなく、ずっとそこにあり、消えたり、
再び現れたりすることもない。
存在は生まれず、消えず、永遠である
どんな変化も受けず、
いつも新しいままであり続けている。
たとえ肉体が滅びても、君自身の本質が
滅びることはない。

 

 

<2>なぜ人生について悲嘆するべきでないのか

欲望を持たず、行いの結果を
期待しないことで、
人は3つのグナ(サットヴァ・ラジャス・タマス)
を超え
アートマン(真我、真実)(魂)を確立できるから。

(38)
喜び、苦しみ、得ること、失うこと、
勝つこと負けることに惑わされず、
どちらの結果も
同じように受け止め、
戦いのために君は努力するべきだ。
どんな状況にも揺るがない心で君が戦いに
挑めばパーパ(不徳・罪)を被ることはない。

(48)
アルジュナよ
結果を期待する執着を手放し、
結果に対する好き・嫌い
という思いを手放してしまうといい。
成功、失敗、勝ち、負けなど
君の行いの結果として
何がもたらされたとしても
イーシュヴァラ(全体世界)から
与えられたものとして
受け止めいつも落ち着いた心でいるように。
どんな結果に対しても心乱さず、
受け止めることが「ヨーガ」の態度といわれる。
ヨーガにしっかりとよりどころを定め、
君に与えられていることを
揺るがぬ姿勢で受け止めるのだ。

 

 

<3>なぜ喜びと苦しみの間でバランスが
とれていなくてはならないのか

自分自身の真実
「ブラフマン普遍的な存在」
「アートマン真我・真実」
と呼ばれる存在であることを知るため

(71)
自分の主観的な好き・嫌いから始まる欲望を手放して
賢者は自由にこの世界を生きている。
焦がれる思いも執着も惜しみなく
”これは自分のものだ”という
限定もない
”自分は行いをするものである”
という思い違いや縛りもない。
どんなに世界が彼に入り込もうとしても
彼がどんなに世界に入り込んでいるように
見えても彼を捕え、縛るものは何もない。
彼自身の本質のままに、
心はいつも平和と静寂に溢れている。

(72)
アルジュナよ
自分自身の真実それば
ブラフマン普遍的な存在
アートマン真我真実
と呼ばれる存在であると知るのだ。
この知識によって
迷いや揺れは放たれる。
変わることなく、
古びることなく、
失われることもない知識が宿れば
、必ず人は自分自身の真実を知り、
自由になる。
たとえ人生の最後の瞬間でも、
この知識を理解すれば、
自由であり続けることができる。

知識を得るのに遅すぎるということはない。

 

また4回目も投稿します。

シヴァナンダヨーガ指導員養成コース 3回目

 

IMG_20191006_195916934

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大久保ヨガ 正食 禅
シヴァナンダヨーガ指導員養成コース
3回目(全24回、3月末まで)

・ブラフマン・ブラフマと3つのグナ
・瞑想
・ギータアルジュナの落胆のヨガ
・ハタヨガ5つのポイント
・太陽礼拝スーリヤナマスカラ

・アサナクラス中級上級90分

<勉強で印象に残ったこと>

ヨガを教えることは、
サーダナ(修行)である。

ヨガの先生は謙虚に
自分自身を神の道具と感じる
不断の努力が必要である。

ヨガの先生はヨガの修行者であり、
説法家ではありません。

ヨガを教えること=
神聖なエネルギーが流れる状態を
つくりだすこと

シヴァナンダヨガの
<基本的なクラス構成>

○最初のリラックス
○始めのマントラ
○プラナヤマ呼吸法
○準備運動
○12種類のアサナ
○終わりのリラックス
○祈りの言葉
シヴァナンダヨガのクラス構成は
シヴァナンダ先生の弟子の
ビシュヌ・デバナンダ先生が作られた。

すべての生徒に
精神的、肉体的、霊的な
すべてのレベルに最大限効果のある
ポーズの組み合わせで構成されている。

上から下のチャクラへ
開く構成になっている。

一番下のムーラダーラチャクラから
上に順番に開かせるためには、
まずは上のチャクラから開かせておかねば
ムーラダーラチャクラが
上昇しないから

上から刺激して
腰下肢の刺激が最後のアサナになっている。

シヴァナンダヨガのクラスの
特徴はこの点のように思える。

1、ひとつひとつのアサナ間に
リラックスのシャバアサナをする

2、アサナは上のチャクラから
下に刺激していて、
ムーラダーラチャクラからの
上昇しやすくしている
クンダリーニの覚醒

以上です。

そのほかヨガ哲学の
色々濃厚なことを学びました。

勉強内容が
毎回濃厚です。。

理解できているのか。
消化できているのか。

この半年で成長できますように。
また4回目書きます。


 

スマートフォンサイトへ戻る