スマートフォンサイトへ戻る
七草鍼灸治療院
お問い合わせ

診察時間

「女性専用」「予約優先制」
営業時間9:00~21:00
休診日
※土日祝も営業しております。
各種保険取り扱い、交通事故、
往診はご相談ください。

ブログ

梅雨のだるい・痛み・不定愁訴をスッキリ解消!日常で使える東洋医学【梅雨編】

こんにちは!七草鍼灸治療院です。

c59d3d00ce5e24a0db7cfcf2dbbc31ee

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6月から7月中旬にかけての梅雨

▲だるい
▲重い
▲むくみ
▲頭痛
▲腰痛
▲関節痛
▲昔のケガや手術痕がいたくなる
▲冷える

などの不定愁訴がつらい時期でもあります。

そのほか、
▲おりものが多い
▲経血量が増えた
▲不正出血がある
▲むくみやすい
▲下痢・軟便傾向
▲消化不良をおこしやすい
▲胃腸が弱い
▲めまい
▲砂糖食品、飲料の飲食が多い
▲油ものが多い

上記の症状が一つでもある方は、
「湿邪」「水毒」「痰飲」による
不調が出やすいので、
日頃から気をつけていただくと
体調がよくなります。
東洋医学では梅雨の時期には、
【脾】の機能が盛んになります。

menu_60330

 

 

 

 

 

【脾】の働きは、
食べたものの消化・吸収
血液が体外に漏れないように固める働き
食べ物で得た、気のエネルギーを作る
食べ物で得た栄養を、筋肉、関節に輸送する

【脾】の働きが良好時には
心身に栄養がいきわたり、
皮膚はうるおい、
筋肉はしなやかに強壮されます。

しかし【脾】は乾燥を好み、湿を嫌う性質があります。

そのため梅雨に湿度が上がると、
【脾】の働きが低下し、
水の代謝が停滞し、
体内に水滞がおこり、
湿邪、水毒となり体調の不調をきたします。

*・゜゜・*;.:*・+゜・*;.:*・゜゜・*

●梅雨の養生法ポイント●

【脾】を元気にし、脾の働きを高める

●梅雨のこころのありかた●
心配すること、
思いつめること、
悩みを考えすぎることは
【脾】を傷つけます。

 梅雨時期は心配事を抱えず
なんとかなるさ!と
軽やかな心持ちで過ごしましょう。

●生活編●

・水分の取りすぎには注意
他の季節より、水分量は減らしてもよい
冷え、むくみ、軟便、めまいの方は
のどが乾いたら潤す程度でOK

・雨でぬれた髪、体はよく乾燥させる
濡れたままにしない

・室内の空気を循環させる
換気扇
体に直接当たらないように、
扇風機や送風もよい

・照明は明るくする

・衣類下着類は、綿の素材が適当
化学繊維は湿が体内にこもる

・運動は汗をかくくらい
しっかりめにする

・掃除

*・゜゜・*;.:*・+゜・*;.:*・゜゜・*

●食事編ポイント●

1、【脾】を補い元気にする
2、体内の余分な湿邪を取り除く
3、冷たいもの、砂糖類、生ものは
【脾】を痛め湿を増やすため控える

1、脾を補い元気にする食物
米、いも類、など主食
大豆、大豆食品
とうもろこし
グリーンピース
シイタケ

2、体内の余分な湿邪を取り除く食物
そば、大根、菜の花、ニンニク、ショウガ、
ねぎ、たまねぎ、ラッキョウ、
あずき、はとむぎ、山椒、ミカン、
ジャスミン

メニューとしては( ^ω^)・・・
・大豆、いも類を使ったスパイスカレー
・そば
・あずきご飯、おかゆ

・ニンニクショウガを使った

肉、きのこ、野菜炒めなどいかがでしょうか

*・゜゜・*;.:*・+゜・*;.:*・゜゜・*

最後に
芳香で簡単に余分な湿邪を取り除く
こともできます。

芳香は気の巡りをよくし、
湿邪をはらう性質があります。

食材、お茶、お香、アロマなどで
簡単に気の流れを循環し、
整えることができます。

どんよりする季節も、
東洋医学の知恵を借りて
心身を整え快適にすごしましょう。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。
芳香については、
また次回詳細します!

七草鍼灸治療院 岡口佳奈


 

スマートフォンサイトへ戻る