スマートフォンサイトへ戻る
七草鍼灸治療院
お問い合わせ

診察時間

「女性専用」「予約優先制」
営業時間9:00~21:00
休診日
※土日祝も営業しております。
各種保険取り扱い、交通事故、
往診はご相談ください。

ブログ

アーユルヴェーダ研修  マッサージの巻

mini_140820_1120アーユルヴェーダマッサージ、本場のスリランカで受けるのは初めてです!夢のようです。ドクターの診察から、トリートメントが決定される本格的なものです。

日本では痩身のためのインドエステというイメージがありますが、現地では医療で病院です。

ドーシャチェック(体質診断)と問診をして、治療したい事を伝えます。私は立ち仕事で、足がむくみやすい、手足が冷えやすい、ストレス解消と肌もキレイになりたいとあれこれ訴え、施術メニューを組んでもらいました。

アーユルヴェーダで、重要な治療は体内の未消化物、過剰な蓄積物、毒素、偏った体質を浄化することに尽きます。これが不調や病気の根源になっていると考えられるので、減らし分解、解毒していくという治療になります          

 

mini_140821_12350001さらに未消化や毒素が蓄積された原因は何であるのか。治療の根っこになる原因の改善が最重要になってきます。

ドーシャの診断から、身体におけるドーシャ・バランスが乱れた状態が現れた場合、アーユルヴェーダではオイルマッサージと心身浄化法(パンチャカルマ)が勧められています。

オイルマッサージはアビヤンガとも呼ばれ、施術者による全身のオイルマッサージが行われます。
アビヤンガでは、ドーシャの体質診断からアーユルヴェーダ医によって処方されるハーブを含んだオイルが用いられ、マッサージによって皮膚から体内にオイルを吸収させることによりドーシャの乱れを鎮静化させます。

 

mini_140823_14190001薬草オイルにはなんと140種類の薬草がブレンドされているとのこと。そりゃあ効きますよね~

インド発祥の伝統医学、5000年の歴史があるそうです。スリランカは島国でインドより純粋な形でアーユルベーダが受け継がれているそうです。

そしてアーユルヴェーダが目指している最終目標は

「幸せに、自分らしく生きること」

 

 

アーユルヴェーダ研修  ヨガの巻

 

写真はヨガ道場と先生mini_140821_1222mini_140823_11060002

こんな素敵な環境で、ヨガができるなんて贅沢です。

体の鍛錬だけでなく、精神を鍛えるのも効果があるようです。不安や心配事、イライラ、情緒不安定、うつなどもヨガをして改善できるとドクターが言っていました。

私は6年前から独学でおうちヨガを始めました。どうしても忙しい時期があり、できなかった期間もありましたが、毎日のヨガは日課にしています。今回は初めて教室で、皆さんと一緒にでヨガを体験しました。挑戦したことがなかった、カラスのポーズというのができるようになり嬉しくなり、日本に帰っても機嫌よく継続しています。中級のポーズも挑戦してみようと意欲向上につながりました。つらいポーズも先生がトライ!コツを教えてくれたのでやってみようと前向きにトライできました。

ヨガに取り組む姿勢は仕事でも勉強でも、人生でチャレンジしたい大きいこと、コツコツ継続や努力が必要な忍耐力につながります。私はそういう部分を強くしていきたいと、ヨガを続けています。

mini_140824_1154

ヨガ道場にかかげられていた、ブッダの絵。

この道場と、絵がとても好きでした~。

 

 

 

アーユルヴェーダ研修  食事の巻

スリランカのアーユルヴェーダ食はとてもおいしく、感動的!!カリーも毎食食べ過ぎてしまう恐れがあるほど美味です。一週間飽きることなく、日本食のことは忘れていました。なごりおしいです。。。

mini_140820_15510001

mini_140822_1541

スリランカでは基本三食カリーだそうです。日本人でいう和食の感覚。

滞在中はスリランカカリーのフルコース三昧でした。

1、米のごはん 2、肉や魚のカリー 3、ダール豆のカリー 4、野菜のカリー 5、サンボル(和え物) 6、マッルン(緑黄色野菜にココナッツとスパイスで味付けした炒め物) 7、サラダ 8、パパダン(豆の粉で作った薄焼き煎餅、ポテトチップスようなもの)がカリーのフルコースだそうです。これら全部が並ぶのは、お客さんや多ぜいの人が集まった時で、普段はごはんと野菜カリー、ごはんとダール豆のカリーとマッルンなど2~3品が食卓に並ぶようです。

アーユピアサでは、スリランカ人が普段口にしているスパイスの辛さの半分にしていると言っていました。食事での治療が必要な場合は、もっと味を薄くしたり、食材の制限があるようです。

現地では写真のカリーのフルコースを、一枚のお皿の上に主食も副菜も付け合わせものせてお皿のうえで混ぜながら食べるのが基本のスタイルです。mini_140820_09390001                                 

毎朝ヨガの前にいただく、グリーンスープ(コラ キャンダ)

葉野菜、おかゆ、玉葱、ニンニク、ココナッツミルク、塩少々

緑色のスープかぁ~。。。青汁?と思いますが

大変、美味です。おかわりしたくなります。

 

 

 

日本の食材でできるカリーをアーユピアサのシェフに直々に教えてもらいました

かぼちゃのカリー、オクラのカリー、茄子とカシューナッツのカリー、万能スパイスソース。

また食事療法編でご紹介しますね。

上の写真左メニュー

1、白米&赤米 2、かぼちゃカリー 3、ダール豆カリー 4、冬瓜カリー 5、ゴッツゴーラとココナッツの和え物 6、玉葱のサラダ 7、パパダン 8、デザート

上の写真右メニュー

1、白米&赤米 2、じゃがいもカリー 3、豆カリー 4、いんげんカリー5、ゴッツゴーラとココナッツの和え物 6、サラダ 7、デザート

mini_140824_1111mini_140821_11170001デザートもかわいいです。

写真左は、赤米に中身が甘いココナッツ。お祝いの時や、特別な日のデザートだそうです。

写真右は、米の麺ではたまた中身が甘いココナッツ。

写真下はお餅みたいな食感、葉っぱで蒸したデザート。ココナッツ入り!

 

 

mini_140822_1149

 

アーユルヴェーダ研修 スケジュール

今回、お世話になったのはアーユルヴェーダ宿泊施設のアーユピアサです。

日本語堪能なスリランカ人オーナーがサポートしてくださるので、滞在中もストレスなく快適に過ごすことができました。

敷地内は広く、オーガニックファームがありました。

緑が光輝いていて、大自然が堪能できます。キレイですね~~

この環境に身を置くだけでも体がmini_140820_13400003mini_140821_1219治りそうです。治るでしょう!!                                     

 

 

 

 

 

 

 

一日のスケジュール

6時10分 レストラン集合:白湯とグリーンスープを飲む

6時30分 ヨガ道場へ:1時間鍛練

8時ごろ  朝食

9時ごろ  アーユルベーダドクターの診察、午前のトリートメント

12時   昼食

14時   午後のトリートメント、研修

19時   夕食

おおまかにこんなスケジュールでした、お昼から観光に行った日もありました!                                              

スリランカ:アーユルヴェーダ研修 

スリランカ:アーユルベーダ研修のご報告

mini_140817_18372014年8月、1週間「アーユルベーダ研修の旅」行ってまいりました~。一人で海外に行けるのかと不安でしたが無事行って、帰ることができました。出発の前日に患者さんが、お守りを下さいました。”無事かえる”のカエルちゃんの小銭入れです。お気持ちがうれしく、とても感動しました。このカエルちゃんのおかげで、大丈夫だ!と勇気がでました。帰国するまで、トランクのカギを入れて肌身離さず旅してきました。アーユルベーダの本場マッサージ、食事、スリランカカリー、ヨガなど全て楽しめました。私の人生の最終目標である「緑豊かな環境、体にいい食事、治療ができる宿泊施設」がたくさんあり、全てが楽しく、充実し、勉強になりました。


 

スマートフォンサイトへ戻る